すずきさんちの新茶できました(^^)

 

皆さんこんにちは(´・ω・`)
鈴木養鶏場の鈴木です。
風がさわやかな季節となりました。

 

5月2日は八十八夜でした。

「夏も近づく八十八夜~♪」って、茶摘みの歌がありますね。

 

自然いっぱいの鈴木養鶏場内には、お茶畑 があるのをご存知でしょうか?

皆様にご愛顧いただいている すずらん食品館 を少し過ぎると、左手に鈴木養鶏場の事務所が見えてきます。その前に広い茶畑が広がります。こちらです! 

 

すずきさんちのお茶畑 でも、八十八夜 にお茶摘みをしましたよ( *´艸`)

 

新緑のまぶしい茶畑に入るだけでも、さわやかで清々しい気持ちになりました。

 

 

八十八夜 は、立春からかぞえて八十八日目にあたる日のこと。八十八夜 と呼ばれるようになったのは江戸時代頃だそうです。春から夏に移る節目の日、夏への準備をする決まりの日とされてきました。「八十八夜の別れ霜」 という言葉があるように、霜が降りない安定した気候になる次期でもあり、茶摘み最盛期 と言われているんですね。

お茶の新芽には、前年の秋から寒い冬を越える間にゆっくりと蓄えられた栄養分が、溢れんばかりに詰まっています。

また、八十八 は、末広がりの八という字が重なることや、八十八 を組み合わせると漢字の になることから、農業にたずさわる人にとっては、昔から縁起の良い特別な日とされていたのです。

 

 

八十八夜 に摘まれたお茶はとても縁起が良く、美味しく極上の物とされているのには、ちゃーんと理由があるんですね。

摘み立ての色鮮やかな、やわらかい茶葉を製茶して、すずらん食品館で販売しております!

 

缶入り 1,300円

袋入り 1,000円

 

 期間限定・数量限定 風味豊かな すずきさんちの新茶 をどうぞお楽しみください。

 

皆様のご来店をお待ちしております。

 

 次回のブログは、美味しいすずきさんちの新茶 と一緒に楽しんでいただきたい 抹茶スイーツ をご紹介します。どうぞお楽しみに。

 

すずらん食品館

鈴木養鶏場のたまごをたっぷり使ったスイーツ販売店

『すずらん食品館』

住所/大分県 速見郡日出町 藤原 5707-12

電話番号/ 0977-72-6734

交通手段/ 大神駅から2,387m

営業時間 [月~土]9:00~18:00  [日]9:00~17:00 ※日曜営業