平飼い有精卵 豊の米卵特集(後編)

 

カラッと晴れて欲しい!

 

スッキリしない梅雨の天気が続いています。

 

みなさんお元気ですかー!

心はいつも高気圧!

鈴木養鶏場のCEO 鈴木です!(^◇^)

 

前回のたまごブログでは、

鈴木養鶏場の新ブランド卵である

平飼い有精卵 豊の米卵

について鈴木会長が詳しく解説いたしました!

前回は以下の3つのこだわりがあること。

  1. 平飼い
  2. 有精卵
  3. 豊の米卵


そして、『平飼い』とは

アニマルウェルフェア鶏舎で

育てていることをお伝えしました。

 

今回は『有精卵』と『豊の米卵』の

ポイントを会長が語ります!

 

会長どうぞ!

みなさん、こんにちは。

 

会長の鈴木です!

 

まずは、3つのこだわりの

2つ目『有精卵』についてお伝えします。

 

卵は2種類あって

・受精した卵=有精卵

・受精していない卵=無精卵

があります。知らない方も多いのですが

 メスの鶏は交尾をしなくても卵を産みます。

 

オスとメスが交尾をしてできた卵が有精卵で、

交尾をしなくてメスが産んだ卵が無精卵です。

スーパーマーケット等で

売られている卵は

ほとんどが無精卵です。

 

もともとオスとメスは

一緒に飼われていましたが

メスだけ飼った方が

オスの飼育スペースが不要となるため

経済的効率が優先され無精卵ばかりが

流通されるようになってしまいました。

 

そんな状況の中で、なぜ鈴木養鶏場は

 

有精卵にこだわるのか?

 

鶏は本来、子孫を残すために卵を産みます。

 

経済効率を優先させ誕生した無精卵ではなく、

オスとメスが同居して産まれる

自然の姿に近い有精卵を

みなさんに味わっていただきたいと思い、

鈴木養鶏場では『有精卵』にこだわった卵を作りました。

 

そんな有精卵を使ったオススメ料理は

  • 卵焼き(卵の風味が持続する)
  • 卵かけごはん(昔、庭先で鶏が飼われていた頃の卵の味が味わえる)

などです!ぜひ一度ご賞味ください。


『平飼い有精卵 豊の米卵』の3つのこだわり。

最後は豊の米卵についてです。

 

『豊』は、豊後=大分という意味で、

 

『米卵』は、お米を飼料にしていることです。

鈴木養鶏場の鶏たちが食べているエサには、

大分県産の飼料米が半分以上入っています。

 

その他に国産の様々な飼料が入っており、

エサの70%は日本国産です。

 

普通の養鶏場のエサは、80%〜90%は

安い海外産のエサを輸入して使っています。

 

なぜ、安価な外国産のエサではなく
鈴木養鶏場では

国産にこだわるのか?

  

 

安心・安全に
こだわっているから
です。

 

海外産のエサは収穫前に

どんな農薬が使われているか不明です。

 

厳しい安全基準をクリアした

国産の飼料を使うことで、

安心安全な卵の提供に繋がります。

 

現在は70%である国産飼料の比率を

もっと高めるために日々努力しています。

 

私たちのこだわりである、

鶏の飼い方、有精卵、国産飼料

この3つの結晶させた卵こそ、

創業50年の記念年に誕生した

平飼い有精卵 豊の米卵です。

 

ぜひ一度ご賞味ください!

 

すずらん食品館

鈴木養鶏場の新鮮たまごと、たまごをたっぷり使ったスイーツの販売店

『すずらん食品館』

住所/大分県 速見郡日出町 藤原 5707-12

電話番号/ 0977-72-6734

交通手段/ 杵築駅から約3km

営業時間 [月~土]9:00~18:00  [日]9:00~17:00 ※日曜営業